データ作成 How to<色のはなし>

 

当店の商品は一部を除き、印刷をして作成を行います。

オリジナルのデザインでグッズを作成する場合、印刷データを用意する必要があります。

IllustratorやPhotoshopといった、印刷に適したデータ作成ソフトを使用して作成ができると、

どんな印刷物でも作成できるということなりまが、印刷物をきちんと作成するにはいくつか抑えておくポイントがあります。

今回は、色のお話を少しだけ。

印刷物は原則、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4つのインクで刷られています。

よって、印刷データはCMYKカラーで作成しておく必要があります。

印刷データを作成することを主目的としないソフト、例えばEXCEL、WORD、パワーポイントなどは、

RGBカラーでデータが作成されます。

 

【RGBカラーとCMYKカラーの性質の違い】

RGB は『加色(光)の3原色』と呼ばれ、
ディスプレイなど発光させて表示する方式です。
Red/Green/Blueの3光源で構成され、この3つの光を重ねると白色になります。
黒い状態のものに対して、RGB各色を任意の割合で配合して目的の色を作り出す
ので「加色法」とも呼びます。

反対に、CMYKは『減色(色)の3原色』で、
カラープリンタや印刷などの方式です。 Cyan/Magenta/Yellowの3色で基本的
に構成され、混色していくと黒色になります。但し、黒色になるというのは理論
上の話で、現実には「本当の黒」にならないため、K(Black) を加えているの
です。白いキャンバスに絵の具を重ねるのと同じ考え方で、CMYK各色を100%
(=黒)の状態から各色を任意に減量して目的の色を作り出すので「減色法」と
も呼びます。

RGBとCMYKのもうひとつの大きな違いは、表現できる色域(色の領域=色数)が異
なることです。色域が広いのはRGBの方で、CMYKはRGBの表現できる一部の色を再
現できません。ネオンが発光する強烈な光(色)は、絵の具では再現できないの
と同じ意味です。 したがって、デジカメ撮影した写真画像も、ディスプレイで
は輝くような色を表示できますが、印刷(プリント)する為にCMYKに変換すると、
RGB色域の色は、CMYKが表現できる最も近い色に置き換わり、結果としては彩度
が落ちます。

 

商品を作成する上で、CMYKカラーでデータ作成した方が、

より自分のイメージに近い色で仕上がる。ということですが、RGBカラーのデータでも、

商品作成はお受けしておりますので、ご参考まで。