【よくあるご質問】レーザー加工でどこまで細い線が再現できる?データ入稿は?

KEY
Pocket

「オリジナル本革グッズ全般」のレーザー加工に関してのお客様からよくあるご質問についてご紹介します^^

◆どのくらいの線の細さまでレーザー加工で再現可能か?

線の細さは0.3ポイント(0.1mm)までを推奨します。
背景白で黒の細い線は細くても割と綺麗に出るのですが、逆に黒ベタに白抜きデザインの場合はマーキング(焼き込み)するので焦げの関係上、文字や線が潰れやすいので少し太めにお願い致します。
↓下記のレーザー加工見本は6cm×6cmの革に繊細な蝶々デザインを焼き込んだものです。

laser

◆革商品のデータ入稿はIllustratorだけ?

「本革グッズ」のオリジナル製作については基本Illustratorで制作したデータでのご入稿とさせて頂いております。
Illustratorが使えないのでPhotoshopでの入稿は可能かどうかというご質問をよく頂くのですが、
PhotoshopのPSDデータの場合、RGB黒一色で300dpi以上の解像度のデータならご対応できる場合が御座います。ご注文前にまずデータを送って頂ければスタッフが一度検証致します。

◆手描きのアナログ原稿はNG?

複雑すぎない白黒で描かれた線画であれば手描きのアナログ原稿でも作成可能な場合が御座います。
しかしながらこちらもPhotoshopのPSDデータと同じく一度製作可能かどうか原稿を検証する必要が御座いますので、スタッフまでご相談下さいませ。

当店は個人様の1個~のご注文はもちろんのこと、
法人様の販促品、記念品、社内意識向上のためのグッズ、ショップのノベルティなど
完全オリジナルのOEMも承っております。

お見積もり・商品詳細・データ製作・納期のご相談などご不明な点が御座いましたらお気軽にご相談くださいませ!^^TEL:072-756-7250
▼オリジナル革製品の製作ショップ「かわえもん」はコチラから▼